Transition Coachingトランジション・コーチング

リーダーにとってのトランジションTransition For Leaders

トランジション(ポジションや役割、職務環境が変わる職務の移行期)は、より高度な変化適応力が求められるという意味で、リーダーにとってその後の成功の成否を分ける、ひとつの重要な分水嶺と言えます。

たとえば、新しくCEOに就任した5人のうち2人が、就任後18ヶ月以内に失敗に終わっているというデータがあります。そしてその原因は、能力・経験の不足や適性の問題ではなく、時代に合わなくなったリーダーシップスタイルをとり続けたことにあるといいます。つまり、「トランジション」に失敗したことから起こったものと考えられます。

トランジション・コーチングが求められる背景Background

こうしたトランジション・リスクをいかに軽減し、成功確率を高めるか、そして、新しいロール(役割)に向けてスムーズにマッチングできるかをテーマとしたコーチング事例が、増えています。

トランジション・コーチングでは、リーダーが新しい状況への移行過程で直面するさまざまな困難や挑戦を、自らの力で乗り越えていけるようサポートします。

組織におけるトランジションの例Case Studies

Case1: 昇進・昇格時

昇進・昇格時は、より一段と高い視点・視座からの発想や決断が求められます。トランジション・コーチングはリーダーの視座を高め、彼らがいち早く新しい役割にマッチングし、高いパフォーマンスを発揮することに貢献します。

Case2: 部署間の異動時

培ってきた経験が適用できない異なった事業・部門への異動は、これまでの価値観を一新して取り組むことが求められます。トランジション・コーチングは新しい分野への適応と学習を早めることに貢献します。

Case3: 海外赴任時

海外赴任は、新任地の組織で関わる人との習慣・文化の違いや、生活習慣の違いという大きな変化を体験します。トランジション・コーチングは変化への適応を早めることに貢献します。